専業主婦がもつカードローンの限度額はいくらまで?

カードローンの限度額は50万円までが一般的です

カードローンの限度額は初めての申し込みで、3年ぐらい勤務している人なら50万円融資できます。100万から300万円ほど融資と宣伝しているところもありますが、最初は50万円ぐらいの限度額が一般的です。返済を繰り返して毎月遅延がなければ少しずつ限度額をアップしてくれます。

パートやアルバイトでもカードローンで融資ができますが、限度額は10万円までの所が多いです。正社員でも勤務日数が短かったり、他社からの借入れ件数が何件もあったりした場合は、限度額が思ったより行かないこともあります。総量規制というのがあるので、他社からたくさん借りている場合には限度額が低めになってきます。

場合によっては20万から30万円の限度額といったこともあります。カードローンの会社としては少しでも融資額を増やそうと努力はしてくれるので、毎月の返済を守っていれば数ヶ月から1年後ぐらいに限度額アップのお知らせがくることもあります。カードローンの会社は限度額の審査がそれぞれ異なるので、いくらまで借りられるかは一概には言えませんが一般的には50万円までが限度額です。

銀行カードローンの限度額は下がりつつある!

銀行カードローンは、貸金業法が適用されないため、総量規制による規制を受けないため、年収の1/3を超える借り入れが可能でした。

しかし、銀行カードローンの過剰貸付や借り入れが問題となり、自主規制を行う銀行が増えています。結果、総量規制を受ける貸金業者と同じ限度額となるケースがあり、限度額が下がっています。

そのため、銀行カードローンを利用する際は、年収制限も有無を確認する必要が生じています。また、総量規制に準拠はしないものの、所得証明書類の提出が必要となり、限度額が実質的に下がるものもあります。

そのため、銀行カードローンを申し込む際は、50万円を超えない範囲で申し込むことが重要です。銀行カードローンは、高額な融資を期待出来たものの、今後はより一層高い限度額を期待することは難しくなっています。

銀行カードローンを検討する際は、『総量規制対象外』といううたい文句は現在では過去のものとなっているため、商品概要や貸付条件をしっかりと確認することをおすすめします。

カードローンの上手な返済方法は?

カードローンで計画的にお金を借りて返済をするには

使用用途が基本的に制限されていないカードローンは、銀行や信用金庫などで借りる事が可能です。

カードローンの利用は、申込みをして審査を通過する必要があり、審査通過後に正式に契約をしてから、融資を受けられるようになります。

即日融資を実施している所が増加していますが、注意する事は14時ぐらいまでに申込みをするという事です。営業時間間近に申込みをした場合、翌日に審査される可能性が高い為です。

無事融資を受けられるようになりますと、様々な事に融資されたお金を使えますが、返済時には金利が発生しますので、元金に金利を乗じた金額と元金を合算した金額を金融会社や金融機関に返済します。少額で借りた場合には、金利の最大年率が適用されて金額が高くなってしまいますので注意が必要です。

多くの金融機関や金融会社のカードローンは、提携しているコンビニなどに設置されているATMや金融機関のATMを利用する事が出来るようになっていますので、ユーザーは期限内であれば、いつでも返済を行えて利便性が高くなっています。

上手に借りて上手に返す!カードローンの返済方法とポイント!

カードローンは、消費者金融から借りても銀行から借りてもあくまでも借金になりますので、きちんと返済をしなければなりません。借りる時は色々と調べてから借りる人も多いのですが、いざ返済となるとどうやって返済をするのかという事や最も効率よく返済をする方法に関しては後回しになりがちです。

カードローンの返済方法には、約定返済と随時返済の2種類の返済方法が最も一般的な返済方法になっています。約定返済というのは、毎月決められた日であったり決まった周期に返済を行う方法で、返済を行う日や銀行口座から引き落とされる日を約定返済日という言い方をします。

この約定返済は、借りた金額によって返済額も異なりますし、借入れをしたカードローンの規約によって様々になっています。約定返済日に関しては、10日や月末と決められているカードローンもありますし、契約者が指定日を選択できるようなカードローンも存在します。

随時返済は、ゆとりのある時などに行う返済方法で約定返済日に関わらず返済を行う事です。最低返済額に関しては、契約のカードローンによって異なりますが、仮に随時返済を行ったとしても、借り入れた残金がある時は、当月の約定返済日にも返済を行う事になるので注意が必要です。

何となく約定返済日だけに返済を行えば問題がないように思いますが、借り入れた額に応じて毎日利息がついていきますので、返済ができる時には少しでも返済を行う事が最も上手な返済方法になります。

返済の方法に関しては、契約をしたカードローンによって異なりますので、申し込みの時に確認をしておくことも必要になります。

随時返済を行う事で、利息分の軽減というメリットがありますが、実際には信頼という意味でも大きなメリットにつながる事があります。

しっかりと早い段階で返済を行っている人であれば、融資をしている側からしても信頼のできる良い顧客になりますから、借入限度額の増額や金利面での優遇などのカードローンでお金を借りる時においての最も大きなメリットを得ることにもつながります。

カードローンの注意点って何?

カードローンの注意点

カードローンを利用する上での注意点ですが、まず申し込みの際に正確な情報を伝えることです。申し込みの時点からカードローンでの信頼関係が始まっているのです。

借りる側、貸す側の双方の信頼関係を気づくためにはまずは情報を信頼できるというのが第一です。なので申し込みのデータ入力や収入等の数字など細かい所はなお注意して正確に伝えなければなりません。「ちょっとくらい大丈夫だろ」という思いは必ず失敗へと繋がってしまいます。まずは正確な情報を伝えることです。

次に分からないところがあれば聞くことです。

カードローンのスタッフはとても優秀な方ばかりですので申し込みのデータ入力や分かりにくい表現などの説明もあると思います。

分からないは恥ずかしいことではないのでどんどんスタッフの方に聞いてもいいと思います。絶対に断られることはありません。むしろこんなことでもいいのかな?と思うような疑問でも聞くべきです。お互いの信頼関係に繋がります。

カードローンの申し込みブラック期間が変更された?

銀行や消費者金融のカードローンを申し込む際、短期間に複数社を申し込むことは申し込みブラックとなり、審査に通過出来ない、または通過し難くなるということが知られています。

そして、申し込みブラックの期間は前回の申し込みから6ヶ月間とインターネット上で情報があるものの、これは過去のものとなっています。

特に銀行カードローンにおいては、現在、1年以上の期間を設ける必要があります。実は、全国銀行個人信用情報センターにおいて、『照会記録情報』の保有期間が『当該利用日から1年を超えない期間』と更新されています。

以前までは、この記載内容に『会員への提供は6ヶ月を超えない期間』とあったものの、記載事項が削除されています。

結果、申し込みブラックの期間は最大1年を超えない期間となっているため、インターネット上で情報を得る際は、過去の情報として認識することが重要になっています。

銀行カードローンを契約出来ない場合は、消費者金融のカードローンを選択する必要性が生じています。

カードローン審査の基準を解説!

誰でも安心カードローン審査

カードローンの審査と聞くと、書類をいっぱい書かされ、会社や家に連絡がくる、その場で借りる事ができないと思っている方も多いと思います。実は、そんなことありません。

私が書いたのは、住所、氏名、勤め先、携帯番号、借り入れ希望額、月々の収入合計金額だけです。提出方法は、無人契約機がある会社をえらんだので、そばにあったスキャナーに読み込ませただけです。会社や家に問い合わせの電話は、いっさいナシでした。

もちろん、家にやってきたり、書類が届くということもありません。スキャナーに読み込ませた後返済日や返済額を決めて、そばにある棚から必要な書類を抜き取って終わりです。

その場で借り入れでき、トータル30分で借り入れできました。Webから申請しておけば10分で終わるともいっていました。特に、難しいことも、個人に関わることも聞かれず、自分の希望する額も通り満足しています。簡単に誰でも安心してカードローンの審査がうけることができるんだと思いました。

水商売だからといって不利にならない条件とは?

銀行カードローンやフリーローン、そして消費者金融のキャシングローンにおいて職業属性は審査結果に影響するものと言われています。公務員や会社員は収入が安定しているため、審査が通り易いと言われています。

今では、契約社員や派遣社員、パートやアルバイトにより収入を得ている主婦や学生も融資対象となるだけでなく、消費者金融であれば個人事業主でも借り入れが可能になっています。特に主婦や学生も対象となっていることから、職業属性面でのハードルは低くなっています。

しかし、水商売の場合、審査に通り難いというケースがあります。水商売の場合、収入が不安定なだけでなく、反社会的勢力と関係している可能性があるため、申し込みする場合には注意が必要になっています。

では、水商売でも契約出来るケースがどの様なものかというと、勤務先が法人化しており、所得証明書類を発行していることが重要になります。

法人化している場合、社会的信頼性が確認出来ることから、審査上では重要となり、源泉徴収票を発行出来る場合は給与管理も行われているということになります。

そもそも、法人化している場合、社員という扱いになるケースもあるため、個人経営の店舗で勤務するよりも有利になります。そもそも、水商売という属性は居酒屋などの外食チェーンも該当するため、法人化は重要な要素となります。