カードローンの注意点って何?

カードローンの注意点

カードローンを利用する上での注意点ですが、まず申し込みの際に正確な情報を伝えることです。申し込みの時点からカードローンでの信頼関係が始まっているのです。

借りる側、貸す側の双方の信頼関係を気づくためにはまずは情報を信頼できるというのが第一です。なので申し込みのデータ入力や収入等の数字など細かい所はなお注意して正確に伝えなければなりません。「ちょっとくらい大丈夫だろ」という思いは必ず失敗へと繋がってしまいます。まずは正確な情報を伝えることです。

次に分からないところがあれば聞くことです。

カードローンのスタッフはとても優秀な方ばかりですので申し込みのデータ入力や分かりにくい表現などの説明もあると思います。

分からないは恥ずかしいことではないのでどんどんスタッフの方に聞いてもいいと思います。絶対に断られることはありません。むしろこんなことでもいいのかな?と思うような疑問でも聞くべきです。お互いの信頼関係に繋がります。

カードローンの申し込みブラック期間が変更された?

銀行や消費者金融のカードローンを申し込む際、短期間に複数社を申し込むことは申し込みブラックとなり、審査に通過出来ない、または通過し難くなるということが知られています。

そして、申し込みブラックの期間は前回の申し込みから6ヶ月間とインターネット上で情報があるものの、これは過去のものとなっています。

特に銀行カードローンにおいては、現在、1年以上の期間を設ける必要があります。実は、全国銀行個人信用情報センターにおいて、『照会記録情報』の保有期間が『当該利用日から1年を超えない期間』と更新されています。

以前までは、この記載内容に『会員への提供は6ヶ月を超えない期間』とあったものの、記載事項が削除されています。

結果、申し込みブラックの期間は最大1年を超えない期間となっているため、インターネット上で情報を得る際は、過去の情報として認識することが重要になっています。

銀行カードローンを契約出来ない場合は、消費者金融のカードローンを選択する必要性が生じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です