カードローンの上手な返済方法は?

カードローンで計画的にお金を借りて返済をするには

使用用途が基本的に制限されていないカードローンは、銀行や信用金庫などで借りる事が可能です。

カードローンの利用は、申込みをして審査を通過する必要があり、審査通過後に正式に契約をしてから、融資を受けられるようになります。

即日融資を実施している所が増加していますが、注意する事は14時ぐらいまでに申込みをするという事です。営業時間間近に申込みをした場合、翌日に審査される可能性が高い為です。

無事融資を受けられるようになりますと、様々な事に融資されたお金を使えますが、返済時には金利が発生しますので、元金に金利を乗じた金額と元金を合算した金額を金融会社や金融機関に返済します。少額で借りた場合には、金利の最大年率が適用されて金額が高くなってしまいますので注意が必要です。

多くの金融機関や金融会社のカードローンは、提携しているコンビニなどに設置されているATMや金融機関のATMを利用する事が出来るようになっていますので、ユーザーは期限内であれば、いつでも返済を行えて利便性が高くなっています。

上手に借りて上手に返す!カードローンの返済方法とポイント!

カードローンは、消費者金融から借りても銀行から借りてもあくまでも借金になりますので、きちんと返済をしなければなりません。借りる時は色々と調べてから借りる人も多いのですが、いざ返済となるとどうやって返済をするのかという事や最も効率よく返済をする方法に関しては後回しになりがちです。

カードローンの返済方法には、約定返済と随時返済の2種類の返済方法が最も一般的な返済方法になっています。約定返済というのは、毎月決められた日であったり決まった周期に返済を行う方法で、返済を行う日や銀行口座から引き落とされる日を約定返済日という言い方をします。

この約定返済は、借りた金額によって返済額も異なりますし、借入れをしたカードローンの規約によって様々になっています。約定返済日に関しては、10日や月末と決められているカードローンもありますし、契約者が指定日を選択できるようなカードローンも存在します。

随時返済は、ゆとりのある時などに行う返済方法で約定返済日に関わらず返済を行う事です。最低返済額に関しては、契約のカードローンによって異なりますが、仮に随時返済を行ったとしても、借り入れた残金がある時は、当月の約定返済日にも返済を行う事になるので注意が必要です。

何となく約定返済日だけに返済を行えば問題がないように思いますが、借り入れた額に応じて毎日利息がついていきますので、返済ができる時には少しでも返済を行う事が最も上手な返済方法になります。

返済の方法に関しては、契約をしたカードローンによって異なりますので、申し込みの時に確認をしておくことも必要になります。

随時返済を行う事で、利息分の軽減というメリットがありますが、実際には信頼という意味でも大きなメリットにつながる事があります。

しっかりと早い段階で返済を行っている人であれば、融資をしている側からしても信頼のできる良い顧客になりますから、借入限度額の増額や金利面での優遇などのカードローンでお金を借りる時においての最も大きなメリットを得ることにもつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です