専業主婦がもつカードローンの限度額はいくらまで?

カードローンの限度額は50万円までが一般的です

カードローンの限度額は初めての申し込みで、3年ぐらい勤務している人なら50万円融資できます。100万から300万円ほど融資と宣伝しているところもありますが、最初は50万円ぐらいの限度額が一般的です。返済を繰り返して毎月遅延がなければ少しずつ限度額をアップしてくれます。

パートやアルバイトでもカードローンで融資ができますが、限度額は10万円までの所が多いです。正社員でも勤務日数が短かったり、他社からの借入れ件数が何件もあったりした場合は、限度額が思ったより行かないこともあります。総量規制というのがあるので、他社からたくさん借りている場合には限度額が低めになってきます。

場合によっては20万から30万円の限度額といったこともあります。カードローンの会社としては少しでも融資額を増やそうと努力はしてくれるので、毎月の返済を守っていれば数ヶ月から1年後ぐらいに限度額アップのお知らせがくることもあります。カードローンの会社は限度額の審査がそれぞれ異なるので、いくらまで借りられるかは一概には言えませんが一般的には50万円までが限度額です。

銀行カードローンの限度額は下がりつつある!

銀行カードローンは、貸金業法が適用されないため、総量規制による規制を受けないため、年収の1/3を超える借り入れが可能でした。

しかし、銀行カードローンの過剰貸付や借り入れが問題となり、自主規制を行う銀行が増えています。結果、総量規制を受ける貸金業者と同じ限度額となるケースがあり、限度額が下がっています。

そのため、銀行カードローンを利用する際は、年収制限も有無を確認する必要が生じています。また、総量規制に準拠はしないものの、所得証明書類の提出が必要となり、限度額が実質的に下がるものもあります。

そのため、銀行カードローンを申し込む際は、50万円を超えない範囲で申し込むことが重要です。銀行カードローンは、高額な融資を期待出来たものの、今後はより一層高い限度額を期待することは難しくなっています。

銀行カードローンを検討する際は、『総量規制対象外』といううたい文句は現在では過去のものとなっているため、商品概要や貸付条件をしっかりと確認することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です