カードローン審査の基準を解説!

誰でも安心カードローン審査

カードローンの審査と聞くと、書類をいっぱい書かされ、会社や家に連絡がくる、その場で借りる事ができないと思っている方も多いと思います。実は、そんなことありません。

私が書いたのは、住所、氏名、勤め先、携帯番号、借り入れ希望額、月々の収入合計金額だけです。提出方法は、無人契約機がある会社をえらんだので、そばにあったスキャナーに読み込ませただけです。会社や家に問い合わせの電話は、いっさいナシでした。

もちろん、家にやってきたり、書類が届くということもありません。スキャナーに読み込ませた後返済日や返済額を決めて、そばにある棚から必要な書類を抜き取って終わりです。

その場で借り入れでき、トータル30分で借り入れできました。Webから申請しておけば10分で終わるともいっていました。特に、難しいことも、個人に関わることも聞かれず、自分の希望する額も通り満足しています。簡単に誰でも安心してカードローンの審査がうけることができるんだと思いました。

水商売だからといって不利にならない条件とは?

銀行カードローンやフリーローン、そして消費者金融のキャシングローンにおいて職業属性は審査結果に影響するものと言われています。公務員や会社員は収入が安定しているため、審査が通り易いと言われています。

今では、契約社員や派遣社員、パートやアルバイトにより収入を得ている主婦や学生も融資対象となるだけでなく、消費者金融であれば個人事業主でも借り入れが可能になっています。特に主婦や学生も対象となっていることから、職業属性面でのハードルは低くなっています。

しかし、水商売の場合、審査に通り難いというケースがあります。水商売の場合、収入が不安定なだけでなく、反社会的勢力と関係している可能性があるため、申し込みする場合には注意が必要になっています。

では、水商売でも契約出来るケースがどの様なものかというと、勤務先が法人化しており、所得証明書類を発行していることが重要になります。

法人化している場合、社会的信頼性が確認出来ることから、審査上では重要となり、源泉徴収票を発行出来る場合は給与管理も行われているということになります。

そもそも、法人化している場合、社員という扱いになるケースもあるため、個人経営の店舗で勤務するよりも有利になります。そもそも、水商売という属性は居酒屋などの外食チェーンも該当するため、法人化は重要な要素となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です